口MA比較!まひかく

製品、商品を比較した結果を口コミとして配信。

100均ルーズリーフ どれを選べばいい? おすすめは?

f:id:botuku:20170202002815j:plain

昨今、ダイソー、セリエ、キャン・ドゥ、ワッツなどお店が増えてきました。ただ、近くの100均のお店だけで何気なく済ませている方も多いと思います。でも、商品も違いが出てきているんです。

今回は、その中でもルーズリーフを比較してみたいと思います。消費して再び買うというリピート定番商品で、より多くの方に関わってくると思うからです。

早速ですが、近くの店舗を廻っての調査結果は下記になります。

 f:id:botuku:20170129190022p:plain

 注1)近くの店舗を廻っているので、店舗規模がそれぞれ違います。ですので、ラインナップ漏れの可能性はあること、100均という商品は絶えず変わり易い事情は加味して見て下さい。(例:ダイソー無地B5 100→90枚と記載しているのは、調査3店舗中、1店舗 100枚、2店舗 90枚が置かれていて、在庫なくなり次第90枚へ移行すると予想されるため。)注2)書き味は、レモン 茶(未晒(みざらし)クラフトルーズリーフ)は名のとおりで、明らかな「書き味」の違い(ざらざら感)があります。

上記のように、一番ポピュラーなB5サイズのルーズリーフを対象として、調査項目は「罫線」、「枚数」、書き味白さにしました。書き味と白さも選んだ理由は、ノートでは枚数が多くても、書き味が違ったり、明らかに紙質が違うようなものが色々とあった経験からです。ですが、今回の100均ルーズリーフは、書き味」と白さにおいては、微妙な違いはあるものの、明確な違いは感じ取れませんでした。書き味は、シャープペン2B、Hitech C maica、HB鉛筆の3種で試しましたが大きな違いはありませんでした。また、白さは明るいところで並べましたが、セリエ、ワッツA罫ドットがやや落ち着いた色かな?というぐらい。よって、注目すべき項目は枚数と罫線になると思います。その検証からおすすめは下記になります!

 おすすめ

No1.セリエ、ワッツ DOT LINE Loose Leaf A罫ドット80枚

ライバル関係にある?セリエとワッツの両方で売られていました。ドットがあることで表などを書く時に、縦線が圧倒的に引き易い! 方眼ノートだと通常のノートのようには文字を書き込めないので、文字中心に書く人は、こういったセミタイプの物は非常に便利。枚数はダイソーの90枚には及ばないが、機能で勝っているのと、ダイソーにはこのような差別化で挑んでいって欲しいという思いを込めてナンバー1としたいです。

f:id:botuku:20170129200400j:plainf:id:botuku:20170129200414j:plain

f:id:botuku:20170129221230j:plain

No2.ダイソー全般(A罫、B罫、方眼、無地)

王者ダイソーはやはり強い、、、。 

バリエーションも豊富で枚数も他より多い。ただ、このドットなしノーマルタイプは、ホームセンターなどで200枚200円程度(※)で購入できる場合もあることから、枚数のアドバンテージという面は薄れるため№2にしました。でも手堅いですね、、。(※書き味、白さもほぼ同様と調査済み)

 f:id:botuku:20170129200411j:plain

付随して気づいたこととして、昨今の円安の影響か?  パッケージから判断して、各バリエーションが100=>90枚へ移行中(在庫なくなり次第90枚へ移行)と思います。よって、100枚入りの物をみつけたら即買っておくのが手でしょうね、、、。(ホームセンターの200円200枚入りも同様にお早めに、、と思います。)

 以上、少しでも役に立ったら幸いです!

ーーねらいーー

忙しいビジネスマンが、電車の中で、、、

受験生が、休憩時に、、、

イデアや思考を整理している人が、気分転換時に、、、

主婦が、買う物を吟味してる時に、、、

この記事をみて、役に立つ情報だと思ってもらうこと。共感してもらうこと。

(その為には、一定の期間たったら情報更新は必要。 )